IT情報基地
~当サイトはIT・サーバーに関する内容を紹介しています~


Windowsの電源操作を禁止する

Windows 7/8/8.1/10
Windowsではスタートメニューから各種電源操作が可能ですが、実はこの電源操作を無効にすることができます。この設定を行うことで、「シャットダウン」「再起動」「スリープ」等の項目が消去され電源操作が行えなくなります。
ただし、「shutdown」コマンドを使用方法では電源操作可能です。

Windowsの電源操作を禁止する方法

(Windowsキー)
R
を同時に押し、「ファイル名を指定して実行」を表示します。
次に『gpedit.msc』と入力して
Enter
を押します。
ローカルグループポリシーエディターが起動されます。「ユーザーの設定」→「管理者用テンプレート」→「タスクバーと[スタート]メニュー」と選択して、「シャットダウン、再起動、スリープ、休止コマンドを削除してアクセスできないようにする」をダブルクリックします。
有効にチェックをつけて、「OK」ボタンをクリックします。
以上で設定完了です。スタートメニューから確認してみてください。